QLOOKアクセス解析
空と月発電所~HIT230 5.52kw from福岡~
SANYO HIT230×24 5.52kwの発電記録です。 屋根角度4.5寸、西側片面設置、福岡の山間部という微妙な発電環境からの報告です。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【電圧上昇抑制】電圧が上がっていたようです。
先日、投稿したほぼ丸一日、電圧抑制がかかっていた件です。

施工業者から九電に連絡してもらい、九電から調査を行なってもらいました。
前回はデータロガーが1週間ほど検針器についていたのですが、
今回は私はロガーを見ることはありませんでした。

何か別の方法で計測したのでしょうか?


そして、その結果が昨日連絡ありました。
結果としては電圧が高くなっていたようです。
年に数回、九電の方で電圧の調整を行なっているそうなのですが、
気温の上昇とともに電力量もあがるため高めに調整されていたようです。

再調整まで2週間程度かかるようで、せっかく来週には梅雨が明けそうなのに・・・。

7月は散々な結果になりそうですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【電圧上昇抑制】なんてことでしょう・・・ほぼ1日抑制されてました。。。
先日、7月8日(日)のこと。
この日は上の子の誕生日プレゼントを買いに朝一からショッピングモールへ。
久しぶりの晴天で、たくさんの発電を期待していました。

昼過ぎにショッピングモールから帰ってきて、モニターを見ると・・・
『あれ?!』
太陽は照っているのに、モニターが示すのは「0.0kwh」だったり、「0.1kwh」だったり。
そしてちょっとわかりづらいですが、抑制がかかっていることを示すオレンジ色のランプが点灯。


慌ててパワコンを見に行きますが、やはり抑制のランプが点灯。
IMG_1767ps.jpg


抑制時間を確認したところ、6月22日に確認したときは64分だったのですが。。。
IMG_1751ps.jpg

なんと。。。293分。
IMG_1778ps.jpg

エコめがねでも10時には発電量がほとんどないことを示しています。
9時頃から16時ごろまでは抑制がかかっていたのではないかと思います。
エコめがね


しかし、こんなに抑制がかかったのはこの日だけ。
7月9日も晴れて久ぶりの30kwh台の発電したが抑制がかかった気配はなし。

今までもこんなに抑制がかかったことはありません。

念のため施工会社に連絡したところ、九電と連絡を撮ってくれて調査にきてもらうことになりましたが、
たぶんこの日以外は大きな異常は出てないので前回と同じ回答になるのでしょうかねー



そういえば、楽天ソーラーがエコめがねを導入しているそうですね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



【電圧上昇抑制】九電からの連絡
九電から連絡がありました。

データロガーの結果から、うちに流れている電圧は最大でも106vだったそうです。
規定では107vを超えている場合は、対応してもらえるようですが、
今回のうちの場合は最大値もその中に収まっていますので、対応が難しいとのことです。

こんなふうになっているようですね。
電力会社の供給する電力の品質を定めた法律と言うのがありまして(電気事業法二十六条)この中の(施工規則四十四条)に「標準電圧100ボルトの場合、101ボルトの上下6ボルトを超えない値が維持すべき値」と決められています。

さらに
それは前回お話しした供給電圧の範囲の95ボルト~107ボルトというこの値の算出方法は、「30分移動平均」(30分間の電圧の平均値がこの範囲であれば良い)」という考え方を使います。

ということだそうです。


対応策としては、パワコンの設定電圧を上げてくださいとのことでした・・・。


ただ、電圧上昇抑制が発覚してから1ヶ月、パワコンの表示は増えていません。
なので、一時的に何らかの問題が発生したのか、何なのか何時、どれくらい発生したのか、SANYOのシステムではまったくわかりませんので、まったく困ったもんです。

また、しばし様子を見てからやはり増えるようであれば、再度対策ということになりますかね?

うーーん、結局すっきり解決せず。

せめて、モニターに抑制の発生した日時が記録されれば、こちらもいろいろと対応がしやすそうですがね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
【電圧上昇抑制】九電が測定器を取り付けていきました。
2月の上旬に発覚した我が家発電所の抑制問題。

その時のパワコンの表示は「34」分でした。
ただ11月に連結してから、いったいいつの時点でどれくらい抑制となったのか、
残念ながらSANYOのモニターではまったくわかりません。
わかるのは今までに34分の抑制があったという事実だけ。

ということで、発覚後すぐに施工業者にこのことを連絡しておきました。
その後、施工業者を通じて九州電力へ連絡を取ってもらい、測定器が取り付けられました。

九電からも連絡があり、いつでも好きな時に取り付けでください!と言っておきました。
しばらく忙しい日々が続いており、帰りも遅くなっていたのでいつ取り付けを行ったか
気づく余裕もなく、ある日気付くとついていました汗


こんな機械が、
IMG_4856ps.jpg

こんな感じで取り付けてあります。
IMG_4855ps.jpg

天気が悪く、ほとんど発電していないような日が続きましたので、
一週間以上はついていたような気がします。。。
で、昨日気づいた時にはすでに取り外してありました。。。

結果はまた九電からあるようですが、
実は抑制に気づいて以来、モニターに表示される抑制時間はまったく変わっていません。
34分のままなんですねー

と言うことは、今のところ時に問題ないという結果になるのでしょうか???
これから発電量が増える時期に入るし、暖房も出番が減って電力使用量も減ってくるでしょうからちょち心配ですね。

また九電からの報告がありましたら、記事をupします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
【電圧上昇抑制】対策実施にかかった費用への補助金があるようです。
導入前にも少し電圧上昇抑制について記事を書いていました

それによると、どうやら電圧上昇抑制対策を実施した際の費用を補填してくれる事業があるようです。
で、その運用期間がどうやら3/31まで。。。

利用できるものは利用したいですね。
ほんとに早めの相談が懸命のようです。。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。